« ★2008年を振り返って★ | Main | 今日の消化盤(1/7) »

2009.01.12

今日の消化盤(1/6)

Various Artists『キンクス・トリビュート〜ディス・イズ・ホエア・アイ・ビロング』(Ryko/Praxis Recordings VACK 1232)

★★★☆
キンクス唯一の「公式」トリビュート盤。参加メンバーも、選曲もどちらかというと渋め。最大のヒット曲「ユー・リアリー・ガット・ミー」が選曲されてない、というあたりからもその辺の編集意図みたいなのは見て取れる。
さて、参加メンバーは、正直ロン・セクスミスあたりしかまともに聴いたことがないのだが、そういう訳であくまで想像になってしまうが、みんなただカバーするだけのレベルではなく、それなりに曲を消化して臨んでいるのであろうことが見て取れる。
なかなか楽しめたが、難を言えば「Stop Your Sobbing」(ジョナサン・リッチマン)、「A Well Respected Man」(ジョシュ・ローズ)、「'Til The End Of The Day」(ファストボール)あたりは、原曲の格好良さに比べるとちょっと地味過ぎる。まあ、その辺が持ち味なのかも知れないけど。
良かったのは、「No Return」(ベベル・ジルベルト)、これは完全にボサノヴァになっているが、元々ボサノヴァっぽい曲なので違和感はない。あとはカントリーっぽい「Muswell Hillbilly」(ティム・オブライエン)あたりか。ある意味、もっとも原曲のイメージから離れて、自分たちの曲にしてしまっているのが「Who'll Be The Next In Line」(クイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジ)。これはぱっと聴くとキンクスの曲とは判らないほど。

|

« ★2008年を振り返って★ | Main | 今日の消化盤(1/7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/43714840

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(1/6):

« ★2008年を振り返って★ | Main | 今日の消化盤(1/7) »