« 今日の消化盤(2/12) | Main | それがどうした今日も買う(2/14) »

2009.02.14

今日の消化盤(2/13)

エタ・ジェイムズ『The Very Best Of Etta James The Chess Singles (1/3)』(Spectrum Music 982 7041)

★★★☆
ブルース、リズム&ブルース、ソウルなど幅広い分野で活躍した女性シンガー、Etta Jamesの3枚組編集盤の1枚目。この1枚目には1960〜1962年に発表された18曲を収録。サブタイトルに「The Chess Singles」とあるので、シングル曲中心で編まれているのだと思われるが、全シングルなのか、一部なのか、その辺は定かでない。
音的には、リズム&ブルースとソウルの間を行き来しているという感じか。ウィリー・ディクソンの「Spoonful」なんかも演っているが、あまりブルースを感じさせないアレンジになっている。エタ・ジェイムズの、腹の底から絞り出すような迫力あるヴォーカルは聴きものだが、単にぐいぐいと押すだけではなく、引くところは引いて唄うスタイルは非常にクレバーで聴いていて感じがよい。コストパフォーマンス高し。

|

« 今日の消化盤(2/12) | Main | それがどうした今日も買う(2/14) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/44054062

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(2/13):

« 今日の消化盤(2/12) | Main | それがどうした今日も買う(2/14) »