« 今日の消化盤(2/15) | Main | 今日の消化盤(2/17) »

2009.02.20

今日の消化盤(2/16)

コクトー・ツインズ『Lullabies To Violaine Volume 1』(4AD DAD 2513CD)

★★★★
Cocteau Twinsのシングル、EPを集めた編集盤の第1集。2枚組。1982〜1990年にかけて発表された、9枚のシングル/EPの32曲を収録。
最初の何曲かは、コクトー・ツインズの一般的なイメージとはちょっと違った、オルタナティヴでパンキッシュな音。昔、コクトー・ツインズを好んで聴いていた時期には、初期の音はあまり好きでなかったのだけど、今改めて聴いてみるとこれはこれで好ましい。エリザベス・フレイザーのヴォーカルもまだたどたどしい感じで、あの独特の歌い方ではないのだが、まあそれも味わいある。
1枚目の中盤からはいわゆるコクトー・ツインズの音になる。1枚目のラスト、1985年発表の『Aikea-Guinea』あたりが真骨頂か。

|

« 今日の消化盤(2/15) | Main | 今日の消化盤(2/17) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/44123745

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(2/16):

« 今日の消化盤(2/15) | Main | 今日の消化盤(2/17) »