« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

2009.12.31

それがどうした今日も買う(12/30)

★ヤフオクにて
伊福部昭『伊福部昭の芸術3 舞−舞踏音楽の世界』(King Records KICC 177)
中古。伊福部昭のクラシカル作品を収録する「伊福部昭の芸術」シリーズの第3集。「舞踏音楽「サロメ」」、「兵士の序楽」の2曲を収録。広上淳一指揮、日本フィルハーモニー交響楽団演奏、1995年8月〜9月、セシオン杉並ホールにて収録。1280円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/29)

James Booker『The Lost Paramount Tapes』(DJM Records DJM-CD-10010)

★★★★
ニューオーリンズのピアノの魔術師、ジェイムズ・ブッカーの1973年、ハリウッド、パラマウント・レコーディング・スタジオでのスタジオ録音。一時期マスターテープが紛失して行方不明だったためこのようなタイトルが付けられた。
今まで聴いてきたジェイムズ・ブッカーのCDは、ピアノ独演というものが殆どだったが、本作はバンド形式。そのためか、ピアノ独演のものとは聴いた印象がかなり異なっている。自由自在に、魔術のごとく主張するのではなく、かなり回りに気を遣ってバンドとしての音を作り上げようとしているように思える。
その分、魔術のような手練手管にはかけるが、また違った趣があってこれはこれで良い。

ピンク・ピクルス『Folk Flavor』(Teichiku TECH-25026)

★★★★
シンガー・ソング・ライターとして現在も活躍する茶木みやこと友人の小林京子が大学時代に結成していたフォーク・デュオ、ピンク・ピクルスの唯一のアルバム(1971年発表)にアルバム未収録のシングルB面曲やライヴ・テイクなど7曲のボーナストラックを収録してCD化したもの。
まず二人の声のハーモニーの美しさに、惹かれる。曲自体は、オリジナル曲から名曲のカバーまで幅広く、やや雑然とした感じだが、それだけ幅があって単調にならずに楽しめる。
デビュー曲「僕にさわらせておくれ」は名曲。また悲劇のマラソン選手、円谷幸吉を題材にした「一人の道」の聴後感は、重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.26

それがどうした今日も買う(12/26)

★阪神百貨店中古レコード市にて
O.S.T.『テレビ朝日系放映TV映画「西部警察」サウンドトラック盤』(テイチク TECE-60098~100)
中古。TV映画『西部警察』のサントラ3枚組。オビに「'79〜'84年に発売されたアルバム8枚をCD3枚に収録。」とあるが、完全収録かどうかは不明。アナログ8枚→CD3枚というのは無理があるような気がするが、あるいは重複があったりしたのかも知れない。1990円。

沢知恵『First Live In Seoul』(日本コロムビア CMCA-2004)
中古。女性シンガー・ソング・ライター、沢知恵の、1996年9月10日に、母親の故郷である韓国ソウルでの初めて行われたライヴの模様を収録したもの。韓国語と英語で歌われている。日本語で歌うことが許可されたのはこの2年後の1998年のこと。690円。

大貫妙子・奥田民生・鈴木慶一・宮沢和史・矢野顕子『LIVE Beautiful Songs』(東芝EMI TOCT 24456・57)
中古。表題の5人により行われたライヴ『Beautiful Songs』の模様を収録した2枚組ライヴ盤。東京公演、福岡公演、大阪公演の音源から編集されている模様。1050円。

★タワレコマルビル店の200円均一バーゲンよりの発掘品
Gun『Gun』(Repertoire REP 4840)
新品。ハードロックバンド、ガンの1968年発表の1stアルバム。ジャケットはロジャー・ディーン。4曲のボーナストラックを追加収録。200円。

★DISC-JJ第3ビルB2F店にて
Percy Mayfield『Blues Laureate: The RCA Years』(Raven RVCD-219)
中古。優れたブルースシンガーであり、作曲家でもあったパーシー・メイフィールドの1970年代RCAレーベルへの録音集。3枚のアルバム(『Sings Percy Mayfield』、『Weakness Is A Thing Called Man』、『Blues... And Then』)から25曲が収録されているが、残念ながら全曲収録ではない模様。950円。

★タワレコ茶屋町店にて
Earl Bostic『The Earl Bostic Story』(Proper Records PROPERBOX 112)
新品。50%オフ処分品。テナーサックス奏者、アール・ボスティックの4枚組編集盤。1945〜1955年録音の106曲を収録。1465円。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今日の消化盤(12/25)

Johnny Otis『Rhythm & Blues Caravan The Complete Savoy Recordings (1/3)』(Savoy Jazz 92859-2)

★★★★☆
ジョニー・オーティスのSavoy録音全曲集3枚組の1枚目。いや〜もうね、この手の音は無条件で楽しいですわ。基本は、ビッグバンドまでは行かないミドル・コンボ(という言い方があるかどうか知らない。今作った)編成の最高にご機嫌なサウンドなんだが、そこに若きリトル・エスター(・フィリップス)の可憐(というにはちょっと力強いが)なヴォーカルが乗ったり、ピート・"ギター"・ルイスの凶暴なギターが乗ったりと曲毎のお楽しみも満載。ちょっと高いけど、それだけの価値はあるよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(12/25)

★DISC-JJ第3ビルB2F店にて
Rosco Gordon『Rosco's Rhythm』(Snapper Music SNAP 222 CD)
中古。未開封。メンフィス出身のブルース・シンガー/ピアニスト、ロスコー・ゴードンのSUNレーベル録音集。SUNにも録音していたとは知らなかった。全30曲中、26曲がSUN録音。先頭の2曲にRPM?録音。末尾の2曲にVee-Jay録音のヒット曲が、おまけ?として収録されている。

★タワレコマルビル店にて、200円均一バーゲンワゴンよりの発掘品
Lana Lane『Red Planet Boulevard』(Frontier Records FR CD 355)
新品。シンフォニック・ハード・ロックの雄(雌というべきか)、ラナ・レーンの2007年発表の8thアルバム。200円。

Danzig『4』(Sony Music 88697146482)
新品。ヘヴィ・メタル・パンクバンド、ダンジグの4thアルバム。「オリジナル・ラインアップによる最後のアルバム」とプラケース直貼りのシールに書いてある。200円。

Ride『Tarantula』(Ignition Records IGN CD12)
新品。シューゲイザー・ブームを巻き起こしたバンド、ライドの4thにしてラスト・アルバム。200円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/23)

Robert Wyatt『Robert Wyatt Box Set (1/14)』(Domino Recording DOMRW1CDX)

★★★★
ロバート・ワイアットの9枚のフル・アルバムと5枚のEPを収録したボックスセットの1枚目、1974年発表のアルバム『Rock Bottom』。
聴く前から、なんとなく先入観というか偏見のようなものがあって、小難しい音なのではないかと予想していた。実際に聴いてみると、そんなことはなく美しいメロディと穏やかなヴォーカルに彩られた、優しい感じのアルバムだった。
とは言え、一筋縄ではいかない面もあって、どういうジャンルの音楽に入れたらいいのか、判断に苦しむ。まあ、ジャンル分けという作業が、不毛な作品なのは確かだが、それにしても正面切って向き合おうとすると、ぬるっと逃げられてしまうような、そんなよく判らない部分があるのも確か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.23

それがどうした今日も買う(12/23)

★ヤフオクにて
ピンク・フロイド『p・u・l・s・e』(Sony Music SRCS 7651~2)
中古。ロジャー・ウォーターズ抜きのピンク・フロイド、1994年ツアーから編集されたライヴ盤2枚組。外箱入りの特殊パッケージで、外箱の背の部分に点滅する電球が付いているのが発売当時話題になったもの。電池が切れていたので、手持ちの電池と交換してピカッピカッを復活させました。
内容の方は、何と言っても2枚目の『狂気』完全再現ライヴが最大のウリ。1428円。

★地元のブックオフにて
エンヤ『オンリー・タイム・ーザ・コレクション』(Wea WPCR-11306~9)
中古。ケルトの歌姫、Enyaの4枚組ボックスセット。ロングボックスタイプの二つ折りデジパック仕様で、計50曲を収録。4枚目はエンハンスドCD仕様になっていて、「イーハ・ヒューイン(きよしこの夜)」のBBCTVライブ映像を収録。
なんかCD4枚もあるのに、50曲しか入っていないのがちょっと不満だが、安かったから良いか。1810円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/22)

Bomb The Base『Future Chaos』(!K7 Records !K7230CD)

★★★
2008年に発表された、ボム・ザ・ベース、13年ぶりの新作。ということで期待して聴いたのだが、う〜ん、いまひとつ単調というか、芸がない感じで冴えない。なんかどの曲も同じように聴こえる。ということでイマイチでした。ボーナスCDとして、別ミックスを収録したCDが付いているのだが、そっちの方がまだ面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/21)

Etta James『Miss Etta James The Complete Modern And Kent Recordings』(Ace Records CDCM2 1085)

★★★☆
女性シンガー、エタ・ジェイムズのModern/Kentレーベル録音全曲集2枚組。1枚目〜2枚目の最初までは1955〜1961年に発表されたシングル曲25曲を収録(エタ・ジェイムズ&ザ・プリーチャーズ名義、ベティ&デュプリー名義で発表された曲も含む)。残りはLP(編集盤か)に収録された曲と、未発表の曲および別バージョン17曲。
内容の方は、Chess時代に比べるとずっと地味で、スタンダードなリズム&ブルースという感じ。特に1枚目前半は歌い方も地味な感じでイマイチ。しかし後半から持ち味のあのカエルの潰れたような強烈なヴォーカル・スタイルが出てきてぐっと良くなる。
エタ・ジェイムズという類い希な歌手の成長の一過程を示すものとしては面白いが、やはり出来という点では後年のChessレーベルなどの作品に比べるとワンランク下か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.20

今日の消化盤(12/15)

The Durutti Column『2001-2009 (1/5)』(Fullfill 088434002117)

★★★☆
ヴィニ・ライリーによるソロ・プロジェクト、ドゥルッティ・コラムの、2000年代に入ってから発表した5枚のアルバムを収録したボックスセットの2枚目『Someone Else's Party』。本来の発表順からは『Rebellion』を先に聴くべきだったが、間違えた。
全16曲収録で、末尾の2曲(「XFM Session」と表記されている)のこのボックスセットのためのボーナストラック。
ドゥルッティ・コラムを聴くのは初めてだが、大体聴く前に想像していた音と大きな違いはなかった。繊細で線の細いヴォーカル(2,3曲は女性ヴォーカル)とギター。ただギターの方は、予想したよりも荒々しく芯が太い感じ。その辺が、凡百のギター・オライエンテッド・ロック(という言い方があるのがどうか。今作ってみた)とは違って、長期間支持される理由ではないかと感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/15)

Andy Partridge『Fuzzy Warbles Collector's Album (1/9)』(Ape APEBOX001)

★★★★
XTCのアンディ・パートリッジによるデモ曲集『Fuzzy Warbles』シリーズ全8作を化粧箱に収め、さらにボーナスCD1枚をおまけに付けたボックスセット『Fuzzy Warbles Collector's Album』の1枚目。
19曲が収録されており、内容はオリジナル曲が多いが、XTCやThe Dukes Of Stratosphearの既発曲のデモもある。デモだけあって、きちんと仕上げられてはおらず、ヴォーカルとキーボードだけの曲もあったりするが、既発曲のデモを聴いてみると、完成した曲とはかなり異なったアレンジがされており、どういう風に仕上げるか、曲作りの過程で試行錯誤している状況が読み取れて興味深い。
「Howlin' Burston」ではハウリン・ウルフの歌真似を、「That Wag」ではコリン・モールディングの歌真似をしていて、後者はちょっと笑ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.17

それがどうした今日も買う(12/14)

★米amazonのマケプレにて
The Johny Otis『Rhythm & Blues Caravan The Complete Savoy Recordings』(Savoy Jazz 92859-2)
中古。ジョニー・オーティスのSavoy録音全曲集3枚組。1949〜1951年に録音された77曲を収録。2415円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.12

それがどうした今日も買う(12/12)

★タワレコ茶屋町店にて、在庫処分ワゴンより
Various Artists『The Essential Bands Festival Edition』(Universal Music 984 9883)
新品。NMEによる「今時のバンド」ヒット曲コンピ盤2枚組40曲収録。200円。

Kelly willis & bruce robison『Happy Holidays』(Rykodisc RCD 10882)
新品。カントリー・シンガー、ケリー・ウィルス&ブルース・ロビソンの夫婦によるカントリー・クリスマス曲集。200円。

★Music Innにて
Various Artists『バック アゲインスト ザ ウォール・ピンクフロイド トリビュート アルバム』(Purple Pyramid/サイトロン・デジタルコンテンツ SCDC-00490~SCDC-00491)
中古。元イエスのビリー・シャーウッドが中心となったプロジェクトによる、ピンク・フロイドの『ザ・ウォール』完全再現トリビュート盤。国内盤のみボーナス・トラック3曲(バージョン違い)収録。1440円。

Out Of Focus『Four Letter Monday Afternoon』(Kuckuck 12032-2)
中古。ドイツの1970年代サイケ/ハードロックバンド、アウト・オブ・フォーカスの1972年発表の2ndアルバム。2枚組。1600円。

Emerson Lake & Palmer『The Original Bootleg Series From The Manticore Vaults Vol One』(Sanctuary Records CMXBX309)
中古。EL&Pのオフィシャル・ブートレッグ・シリーズの第1集。7枚組。1971年9月1日ニューヨーク公演(2枚組)、1972年4月21日ケンタッキー公演(2枚組)、1972年7月28日カリフォルニア公演(2枚組)、1972年8月13日ニューヨーク公演(1枚組)を収録。3840円。

★Music Manにて
Judie Tzuke『Welcome To The Cruise & Sportscar』(Big Moon/Edsel Records EDCD 710)
新品。英国女性シンガー、ジュディ・ツークの1979年発表の1st『Welcome To The Cruise』と1980年発表の2nd『Sportscar』の2in1。840円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/11)

Arthur Brown's Kingdom Come『Kingdom Come』(Voiceprint VP136CD)

★★★★
アーサー・ブラウンが、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンに次いで結成したバンド、アーサー・ブラウンズ・キングダム・カムの1972年発表の2nd。ボーナストラックとして、3曲の別バージョンが収録されている。
音の方は、アーサー・ブラウンらしい、混沌と熱気が渦巻いたもので、かなりプログレ寄りの音になっており、EL&Pとジェネシスがごっちゃになったような、一種独特なシアトリカルなサウンドである。なかなかの傑作。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(12/11)

★タワレコマルビル店にて
Laura Nyro『Nested』(Icon Classic/Sony BMG ICON 1001)
新品。200円均一処分品。女性シンガー・ソング・ライター、ローラ・ニーロの1978年のアルバム。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/10)

Billy Bizor『Blowing My Blues Away・Feauturing Lightnin' Hopkins』(Collectable COL-CD-5225)

★★★★
ライトニン・ホプキンスの良き相棒として活躍したハーピスト、ビリー・バイザーの唯一の録音。1968年4月と1969年3月の2つのセッションを収録したもので、前者にはライトニンも参加している。
音の方は、いかにもテキサスのカントリーブルースという感じの、乾いた音が特徴的な鄙びたサウンド。ビリーの(ハーモニカはともかく)ヴォーカルは味があるとは言え、決して上手くはない。2曲だけライトニンがヴォーカルを取っているが、それを聴くとヴォーカリストとしての格の違いをまざまざと見せつけられる。
とは言え、貴重な録音であることは間違いないだろう。ライトニンファンはこの2曲のためにだけでも入手すべき。現在廃盤でかなり入手は難しいが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/9)

ザ・ナイトブルームス『24デイズ・アト・カタストロフェ・カフェ』(キングレコード KICP 363)

★★★★
オランダのマイナーグループ、The Nightbloomsの1993年発表の2nd。前作で聴かれた、崩壊寸前のような危うい繊細な印象はやや薄れ、しっかりとした骨太なメロディーとからっとした明るさが特徴。特に前半の短い曲にそれを感じる。一方後半の8〜10分の大曲2曲は、1stに収録されていた名曲「Buttefly Girl」を思わせるが、スタジオライヴ録音ならではの緊迫感のあった1stのそれに比べると、やや冗長な印象は免れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/8)

元ちとせ『ハイヌミカゼ』(Epic Records ESCL 2320)

★★★★
元ちとせの記念すべき1stアルバム。聴くのが前後して、先にライヴ盤『冬のハイヌミカゼ』を聴いてしまったので、大半の曲は既に馴染みがある状態。
今さら言うのも何だけど、やっぱり名盤だと思う。奄美大島の島唄というルーツを壊さずに、うまく昇華して普遍的なポップスへと変えた、その上田現を初めとするプロデュース陣は見事というほかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.08

それがどうした今日も買う(12/5)

★ブックオフ心斎橋店にて
ニーコ・ケース『キツネにつままれたニーコ』(Sony Music Japan International EICP 666)
中古。音楽好きで猫好きな人なら、ちょっと気になったことが多いはずのアーティスト、Neko Case(残念ながら「ネコ」ではなく「ニーコ」と発音する模様。ネーヨじゃなくてニーヨみたいなもんか)の2006年発表の4thアルバム。ちなみに原題は『Fox Confessor Brings To The Flood』。この邦題はよく判らないながらも、かなりな意訳のような気がする。950円。

★レッド・ボーンズ・レコードにて
The Sixth Great Lake『Up The Country』(Kindercore Records KC063)
中古。ジ・エセックス・グリーンとほぼメンバーがかぶっているバンド、ジ・シックスス・グレート・レイクの2001年のアルバム。1000円。

★ハンキー・パンキーにて
James Booker『The Lost Paramount Tapes』(DJM Records DJM-CD 10010)
中古。ジェイムズ・ブッカーの決して数多くはないスタジオ録音の一つ。1973年、ハリウッドのParamountスタジオでの録音。その後一時行方不明になっていたため、このタイトルが付けられた。1050円。

James Booker『Classified』(Rounder Records ROUNDER CD 2036)
中古。おなじくジェイムズ・ブッカーのスタジオ録音。1982年10月18日〜20日、ニュー・オーリンズのUltrasonicスタジオで録音されたもので、スタジオ録音盤としては、実質的に遺作となったもの。1000円。

★○か×にて
Bomb The Bass『Future Chaos』(!KL Records !KL230CD)
中古。ティム・シメノンのユニット、ボム・ザ・ベースの13年ぶりとなる4thアルバム。限定盤仕様で、リミックス違い7曲とボーナス曲1曲を収録したボーナスCD付きの2枚組。1260円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/4)

Various Artists『Return To The Dark Side Of The Moon A Tribute To Pink Floyd』(Purple Pyramid CLP 1621-2)

★★★☆
元イエスのビリー・シャーウッドがメインとなって作られた、ピンク・フロイドの名盤『Dark Side Of The Moon』の完全再現トリビュート盤。と言っても、曲によって演奏しているメンバーはバラバラで、そのバラバラの曲を寄せ合って作られているため、原盤の、あの複数の曲が一つになって流れていくようなスムーズな一体感に乏しいのはやむを得ないところ。
そうは言っても、1曲1曲を取り出してみれば、なかなか原曲の再現性も高く、さすがに芸達者なメンバーを集めただけあって良く出来ている。「マネー」のビル・ブルッフォードによるドラムが、今ひとつブルッフォードっぽくないながらも、タイトで鋭いのと対照的にユルいのりの「エニイ・カラー・ユー・ライク」のエインズレー・ダンバーのドラム(それはそれで味があって良い)とか、XTCのコリン・モールディングがちょっと遠慮がちに歌っている「狂人は心に」など楽しめるポイント多し。ボーナス・トラックとしてオリジナル曲が1曲収録されているが、これはまあ蛇足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/2)

Talking Heads『Rome Concert 1980』(Immortal IMA 104150)

★★★★
トーキング・ヘッズ、1980年ローマでのライヴの模様を収録した発掘音源。気になる音質の方は、まあ、発掘音源としてはこんなものか。全体的にもこもことした感じの迫力に乏しい音ではあるが、ノイズは少なく割と聴きやすい。
演奏の方は、これはなかなか良い。トーキング・ヘッズのライヴ盤は何種類か出ているが、特に最初の何曲かはそれらとはかなり違ったアレンジなので楽しめる。ラストで演奏されることが多い「Take Me To The River」が中盤で演奏されているのも新鮮だ。
エイドリアン・ブリュー、バーニー・ウォレルが参加しているのもポイント高し。ラストの曲「The Great Curve」での大盛り上がりも楽しい。
同内容のDVDも出ているみたいなんでそっちもちょっと見たい気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の消化盤(12/1)

マグマ『エメンテト・レ』(Seventh SJAK35)

★★★★☆
マグマ、待望の新作。今年5月の来日公演でも演奏された大曲「エメンテト・レ」を収録したCDと、制作の模様のドキュメント「Phases」を収録したDVD(未見)の2枚組。
2000年代になってからのマグマは、『トゥーザムターク』三部作や『コンタルコス・アンテリア』など、1970年代からの「宿題」を次々と実現している。『エメンテト・レ』もその一環な訳だが、聴いてみて感じた印象は、今までの諸作とは明らかに違う。何と言ったらいいのだろうか、良い意味で、「軽い」のだ。
マグマの(個人的な)印象と言えば、あくまでも暑苦しく重々しく、ひたすら鉄パイプで殴られるような攻撃的な音楽というものであった。今年5月の来日公演で「エメンテト・レ」を聴いた時も、その印象はそんなに変わらなかったように思う。相変わらず、ひたすらボディブローを撃ち込まれるような執拗な演奏で、ずっしりと重たかったのを覚えている。だからこのスタジオ版「エメンテト・レ」を聴いた時はちょっと驚いた。ライヴ版と、これほどの差があることに。
とは言っても、マグマはあくまでマグマである。先ほど「軽い」と書いたが、ただ単に「軽い」だけではなく、マグマならではの「重い」攻撃性を秘めた軽さなのだ。一言で言うなら、今作でのマグマは、「押す」ばかりでなく、「引く」ことも覚えたという感じである。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」そんな表現がぴったりくるバンドになった。本当にこのバンドは、何時まで進化を続けるのだろうか。恐ろしい存在である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.01

それがどうした今日も買う(12/1)

★パープル・バレーにて
Norah Jones『Come Away With Me / Feel Like Home』(EMI 5099968417727)
中古。ノラ・ジョーンズの2002年発表のアルバム『Come Away With Me』と2004年発表のアルバム『Feel Like Home』の2枚のCDを紙製のスリップケースに入れた2枚組。ノラ・ジョーンズなんてブックオフで大量に落ちてそうだが、2枚組で700円という値段だったので、1枚当たり350円ならまあいいか、と購入。

801『ライヴ+ボーナスCD』(Expression Records/Disk Union ARC-7297/98)
中古。フィル・マンザネラとブライアン・イーノらのプロジェクト、801のライヴ盤。オリジナル・アナログ盤に2曲追加され、更にスタジオ・リハーサルの模様を収録したボーナスCDが付いた2枚組紙ジャケ。1350円。

Creedence Clearwater Revival『Creedence Clearwater Revival』(Fantasy 6CCRCD-4434-2)
中古。クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルの全録音を6枚組に収録したボックスセット。CD1枚目には前身バンドである、Tommy Fogerty & The Blue VelvetsとThe Golliwogsの音源を収録。2枚目〜5枚目の途中までに7枚のスタジオアルバムを収録。5枚目の残り〜6枚目に2枚のライヴアルバムを収録。
無理矢理詰め込んだ、というところがあるので、オリジナルのアルバムで見ると、1枚が2枚のCDに分割されて収録されているのが、ちょっと難点か。まあ、iTunesに取り込んでからオリジナル通りに再構成することも可能だし、入門者には十分かと。何より安かったし。2400円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »