« それがどうした今日も買う(8/20) | Main | それがどうした今日も買う(8/21) »

2010.08.27

今日の消化盤(8/20)

Various Artists『ジューク・ジョイント・ブルース50'-60'』(P-vine Records PCD−15056)

★★★☆
Modern/Kentおよびその傍系であるRPM/Flair/Metrorなどのレーベルに残された音源を発掘するシリーズの1枚。今回の売りはロング・ゴーン・マイルズ11曲(内10曲が未発表)。ロング・ゴーン・マイルズ自体はマイナーな人だけど、ハーモニカにあのジョージ・スミスが全面参加、ということで期待大。他のメンバーはかなりマイナーな人が多く、なかには演奏者不明!という曲もあったりして。
で聞いてみると、かなり粗野で荒っぽい音が多い。1950〜1960年代、アメリカ南部のジューク・ジョイント(酒場)でかかってそうな感じがありありとする。まあ、実際にどうだったか判らんけどもさ。
肝心なロング・ゴーン・マイルズwithジョージ・スミスの曲はというと、ちょっとジョージ・スミスが遠慮しがちという感じで、大人しすぎるなあ、というのが正直な感想。

伊福部昭『完全収録 伊福部昭 特撮映画音楽 東宝篇7 (2/2)』(東芝EMI LD25-5045・46)
★★★☆
伊福部昭作曲の特撮映画音楽を完全に収録したシリーズの第7集。これで東宝篇の1〜8はようやく揃った…長かったorz。
さてこの巻には1枚目に『宇宙大戦争』、2枚目に『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』、『別テイクマーチ集』が収録されているが、実は『宇宙大戦争』は、東宝怪獣映画撰集という別のシリーズで持っているのでダブり(厳密には、『東宝怪獣映画撰集』の方には収録されている予告編がこちらにはなかったり、一部曲がなかったりと微妙に中身は違う。)
ということで2枚目のみ聴いてみた。『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』ゴジラも出てこないということであのおなじみのテーマ曲も聴けないのだが、そのかわりに島で演奏される原住民の音楽には『ゴジラ対キングコング』のそれがちゃっかり転用されていたりする。
おまけの『別テイク「マーチ」集』は、『地球防衛軍』から2曲、『空の大怪獣ラドン』から1曲、『大怪獣バラン』から3曲、「宇宙大怪獣ドゴラ』から2曲、『怪獣総進撃』から1曲、『サンダ対ガイラ』から1曲、計10曲のマーチ曲の別テイクを収録したものだが、本テイクと大きく異なるものはない。

|

« それがどうした今日も買う(8/20) | Main | それがどうした今日も買う(8/21) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/49265291

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(8/20):

« それがどうした今日も買う(8/20) | Main | それがどうした今日も買う(8/21) »