« 今日の消化盤(10/1) | Main | それがどうした今日も買う(10/5) »

2010.10.10

今日の消化盤(10/4)

Various Artists『ガンボ・ヤ・ヤ ニューオーリンズ28オールタイム・ヒッツ』(P-Vine PCD-1613)
★★★★
P-Vineによる1960〜1970年のニューオーリンズ音楽編集盤。主にアラン・トゥーサンがプロデュースした作品が中心となっている。メンツは様々で、アーロン・ネヴィル、アーニー・K-ドゥ、リー・ドーシー、アーマ・トーマス、ロバート・パーカー、ミーターズ、アール・キングと言った有名どころから知らない人まで。
音の方はもうこれはニューオーリンズごった煮としか言いようのない、多彩なもの。上に上げたようなメジャーな人の曲はさすがの出来だが、この盤で初めて聴いた人の作にも名曲がごろごろしていたりする。ニューオーリンズの懐の深さを思い知らされた1枚。

Various Artists『ガンボ・ヤ・ヤ Vol.2』(P-Vine PCD-2329)
ということでその続編を続けざまに聴きました。1枚目が1960〜1970年の、アラン・トゥーサンプロデュース曲を中心に編集されているのに対し、続編では時代的にもう少し範囲を広げ、1949〜1967年の約20年間を対象としている。
メンツの方は、1枚目と重なる人も多いが、それ以外だとデイヴ・バーソロミュー、トミー・リッジリー、スマイリー・ルイス、ジェイムズ・ブッカー、スヌークス・イーグリン、プロフェッサー・ロングヘアあたりが有名どころ。
音の方は、1960年代リズム&ブルースが中心だった1枚目に比べ、時代的にその前に位置する1950年代ジャンプブルースなども加わり、いっそう多彩に。2枚合わせて聴くと強力ですぜ。

|

« 今日の消化盤(10/1) | Main | それがどうした今日も買う(10/5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/49702238

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(10/4):

« 今日の消化盤(10/1) | Main | それがどうした今日も買う(10/5) »