« 今日の消化盤(3/28) | Main | それがどうした今日も買う(3/31) »

2011.03.31

今日の消化盤(3/30)

ピエール・ブーレーズ指揮アナトール・ウゴルスキ(p)、シカゴ交響楽団・合唱団演奏『スクリャービン ピアノ協奏曲嬰ヘ短調/法悦の詩/プロメテウス』(Deutsche Grammphon/ポリグラム POCG 10164)

★★★★
ブーレーズ指揮、シカゴ交響楽団および合唱団演奏によるスクリャービン作品集。「法悦の詩(交響曲第4番)」、「ピアノ協奏曲」(ソリストはアナトール・ウゴルスキ)、「プロメテウス(交響曲第5番)」を収録。
こちらはロシアのオケではなくシカゴ交響楽団であるが、なかなかハマった演奏で、下手なロシアのオケよりもロシアっぽい。後期スクリャービンの狂気のような執着に満ちた世界をよく表現している。ただし「ピアノ協奏曲」はまだセンチメンタルな面が表に出た初期作品らしく、小綺麗にまとまっている。ウゴルスキのピアノ目当てで購入した人も多いと思うが、ブーレーズおよびオケとの息はぴったりで、なかなかの佳演だと思う。

|

« 今日の消化盤(3/28) | Main | それがどうした今日も買う(3/31) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/51264879

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(3/30):

« 今日の消化盤(3/28) | Main | それがどうした今日も買う(3/31) »