« それがどうした今日も買う(10/8) | Main | それがどうした今日も買う(10/13) »

2011.10.18

今日の消化盤(10/10)

Mance Lipscomb『Live! At The Cabale.: Texas Songster - Vol.4』(Arhoolie CD 482)
★★★★
テキサスの劇渋ブルースマン、マンス・リプスカムのライヴ盤。全21曲の内、最初の19曲は1964年、カリフォルニア、バークレー、ザ・カバレでのライヴ、残り2曲は1972年カリフォルニア、サクラメントでのライヴ。
曲間がフェイド・アウト/フェイド・インする編集がされている上、観客も大人しく、礼儀正しい拍手をするだけなので、ライヴ感は乏しい。唯一15曲目にはマンスの語りが延々と収録されていて、ここだけは観客も笑ったりして反応している。
マンスのギター、そしてヴォーカルはいつも通り素晴らしいもので、ライヴだからと言って肩に力の入ったような様子はない。訥々と素朴に演奏されるブルースはシンプルだが、おそらく実際に演奏しようとすると、かなりのテクニックを要すると思われる。私自身は楽器まるでダメなので、推測するしか出来ないが。

アンネ=ゾフィー・ムター、サルヴァトーレ・アッカルド、イギリス室内管弦楽団演奏『J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲集』(東芝EMI TOCE-13153)
★★★☆
アンネ=ゾフィー・ムター演奏のJ.S.バッハ、ヴァイオリン協奏曲集。2曲目の「2つのヴァイオリンのための協奏曲」では、サルヴァトーレ・アッカルドも参加している。
まあ、バッハの作品だけあって、ムターの情熱的なヴァイオリンが炸裂する…という訳にはいかないが、いわゆる古楽演奏に慣れた耳には新鮮だ。どこかあたたかな、人間味に溢れた良盤。

ウラジーミル・ソフロニツキー演奏『伝説のスクリャービン・リサイタル(1960年2月2日)』(Denon/コロムビア COCQ-83669-70)
★★★☆
スクリャービンについては、交響曲は大好きだが、ピアノ曲(一般的にはこっちのほうが人気ある)については、今ひとつ入り込めないという感じだった。
ということで、「伝説の」という煽り文句の付いているこの2枚組のライヴ盤(一部スタジオ録音もあり)を聴いてみた。結果は…やはりよく判らん。判らんながらも、凄い曲、凄い演奏だと言うことは感じた。もっと聴き込んでいけば、ハマルと思うが、その機会があるかどうか…。

|

« それがどうした今日も買う(10/8) | Main | それがどうした今日も買う(10/13) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/53025548

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(10/10):

« それがどうした今日も買う(10/8) | Main | それがどうした今日も買う(10/13) »