« それがどうした今日も買う(4/12) | Main | 今日の遭遇猫その2 »

2012.05.02

それがどうした今日も買う(4/13)

★ブックオフなんば戎橋店にて
クイケン四重奏団、寺神戸亮演奏『W.A.モーツァルト:弦楽五重奏曲全集』(Denon/コロムビア COCQ-83694→96)
中古。国内盤オビ無し。クイケン四重奏団と寺神戸亮(ヴィオラ)の演奏による、モーツァルトの弦楽五重奏曲全集3枚組。収録曲は、「弦楽五重奏曲第3番 ハ長調」、「同第4番 ト短調」、「同第2番 ハ短調」、「同第5番 ニ長調」、「同第1番 変ロ長調」「同第6番 変ホ長調」。1995年6月〜1999年7月録音。1950円。

Igor Golovschin指揮Alexander Rudin, Moscow Symphony Orchestra演奏『Kabalevsky: Cello Concertos・Spring』(Naxos 8.553788)
中古。ゴロフスチン指揮、モスクワ管弦楽団演奏による、カバレフスキーの作品集。収録曲は、「チェロ協奏曲第1番 ト短調」、「同第2番 ト長調」、「交響詩『春』」。チェロ協奏曲のソリストは、アレクサンドル・ルーディン。1996年1月録音。500円。

Sir Colin Davis/Raymond Leppard指揮Arthur Grumiaux, London Symphony Orchestra, New Philharmonia Orchestra演奏『Mozart: Violin Concert』(Philips 438 323-2)
中古。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集2枚組。収録曲は、「ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調」、「同第3番 ト長調」、「同第4番 ニ長調」、「ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ ホ長調」、「同ロンド ハ長調」、「ヴァイオリン協奏曲第2番 ニ長調」、「同第5番 イ長調」、「協奏的交響曲変ホ長調」。
ヴァイオリンは、アーサー・グリュミオー。「〜アダージョ〜」、「〜ロンド〜」のみ、レイモンド・レッパード指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団演奏。意外は、サー・コリン・デイヴィス指揮、ロンドン交響楽団演奏。1961年〜1967年録音。500円。

★ブックオフ心斎橋店にて
ドミトリ・キタエンコ指揮、諏訪内晶子、モスクワ・フィルハーモニア管弦楽団演奏『チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲』(Warner Classics WPCS 21057)
中古。国内盤オビ有り。ヴァイオリニストの諏訪内晶子が、チャイコフスキー国際コンクールで優勝後に行われたレセプションの模様をライヴ録音したもので、彼女のデビュー音源にあたる。1990年7月7日、モスクワ音楽院大ホールでのライヴ録音。500円。

ズービン・メータ指揮ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団演奏『サン=サーンス 「オルガン」交響曲・スクリャービン 法悦の詩』(London/キングレコード KICC-8172)
中古。国内盤オビ有り。メータ指揮、ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団演奏による、サン=サーンスとスクリャービンのカップリング盤。「『オルガン』交響曲」のオルガン奏者は、アニタ・プリースト。1970年3月および1967年4月録音。950円。

★キングコングにて
ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団演奏『R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》/マーラー:葬礼』(Deutsche Grammophon/Universal UCCG-7027)
中古。国内盤オビ無し。ブーレーズ指揮、シカゴ交響楽団演奏による、リヒャルト・ストラウスの「交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》」とマーラーの「葬礼」を収録した盤。マーラーの「葬礼」は、交響曲第2番第1楽章の初期稿を独立した曲として演奏したもの。エンハンスドCD仕様だが、Mac版はPowerPCネイティヴどころか、OS8当時のものなので、再生不可。何が収録されていたのだろう?1996年12月シカゴにて録音。980円。

|

« それがどうした今日も買う(4/12) | Main | 今日の遭遇猫その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/54614548

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(4/13):

« それがどうした今日も買う(4/12) | Main | 今日の遭遇猫その2 »