« ◆音楽四方山話◆ 第3回 「茶木みやこという人」補遺 | Main | ◆音楽四方山話◆第5回 旧館サルベージ企画 その2 この世の煩わしさをなくすもの »

2015.08.13

◆音楽四方山話◆第4回 今は亡きレコード店の思ひ出 その1 フォーエバーレコード3(梅田店)

ということで、また新シリーズの開始です。昔、散々お世話になったけど、もう無くなってしまったレコード店の思い出をだらだらと綴ってみたいと思います。
----------------------------------------------------------
堂山町の交差点から東へ少し入ったところにある、雑居ビルの3階、そこにフォーエバーレコード3があった。ちなみに、1+2はなんば、なんさん通りから2筋南へ降った通りにあり(ここだけは現在も営業している)、4は心斎橋にあった(1999年8月時点の情報、もっと違う場所に移転していたような記憶がある。どちらにしろ、今は閉店してしまっている)。
話を戻して、フォーエバーレコード3であるが、エレベーターを降りて、入り口を入ると、レジと新着棚があった。店内は、アナログ盤とCDの比率が6:4くらいだったろうか。私はアナログ盤の再生環境を持っていなかったので、CDしか見なかったが、それでも何が出て来るか判らない、ワクワク感が半端なかった。
とにかく、雑然とした店だった。CDやアナログ盤の他にも、雑誌やらグッズやらも置いてあった。CDは、新品と中古が混ざっていたと思うが、新品のCDでさえ、なにかくすんだような色を放っていて、もう何年も放置されているかのような佇まいを見せていた。
当時の私の音楽の好みは、概ね英国系に偏っていたが、サイケ・プログレなどにも手を出していた。
その店で、いろんなものを買ったはずだが、今でも記憶に残っているのは、旧館の「よしなしごと」の「この世の煩わしさを無くすもの」(こちらも近日サルベージ予定)にも載せた、ジーン・クラーク、アレックス・チルトン、ティム・バックレーと言った人たち、4ADのThis Mortal Coilというプロジェクトでカバーされた人たちである。
今でも覚えているが、This Mortal Coilの2ndを買って、聴いて、日本語解説(当時はまだ国内盤を買うのが普通だった)に書かれていた、上記の人々のCDを求めて、次の日にさっそくフォーエバーレコード3へ向かった。そこで、アレックス・チルトンの『High Priest』ともう1枚何だったか忘れてしまったが、2枚のCDを見つけて、悩んだ挙句、『High Priest』だけ買って、帰宅して聴いたら、すっかりハマってしまい、翌日残りのCDを買いに行った。そんなこともあった。
ジーン・クラークは、当時まだ未CD化、ということになっていた、『Two Sides To Every Story』のCDを見つけて(1stや2ndは既に持っていたが、どこで買ったかはよく覚えていない)しばらくの期間、悩んだ挙句に買った記憶がある。このCDは、近年再発されるまで、他の店では見たことがなかった(ちなみに邦題は『寂しい土曜日』だったらしい。今amazonを検索して初めて知った)。
後は、その後長年に渡って付き合うことになる、ビーヴィス・フロンドのCD(確か3rd)を初めて買ったのもフォーエバーレコード3である。全然知らないバンドだったが、なんとなくジャケットに惹かれて、迷った挙句買った(いわゆるジャケ買い、とはちょっと違う気がする。ちなみにジャケットは、こんな感じです)
このままこんな話を続けていても、きりが無いので、この辺で打ち切るが、肝心の、フォーエバーレコード3が何時頃閉店したのか、よく覚えていない。閉店前は、なんだか店が狭くなっていたような記憶もあるが、定かでない。閉店時期は、今調べてみると2007年らしい。なんだかんだ言って8年も経つのか…。

|

« ◆音楽四方山話◆ 第3回 「茶木みやこという人」補遺 | Main | ◆音楽四方山話◆第5回 旧館サルベージ企画 その2 この世の煩わしさをなくすもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/62073370

Listed below are links to weblogs that reference ◆音楽四方山話◆第4回 今は亡きレコード店の思ひ出 その1 フォーエバーレコード3(梅田店):

« ◆音楽四方山話◆ 第3回 「茶木みやこという人」補遺 | Main | ◆音楽四方山話◆第5回 旧館サルベージ企画 その2 この世の煩わしさをなくすもの »