« August 2015 | Main | November 2015 »

October 2015

2015.10.31

◆音楽四方山話◆ 第8回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 1

またまた1ヶ月間が空いてしまいました。さて今回は、宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽、という大層なタイトルですが、中身の方はヘボヘボです。さてどうなりますことやら…。
----------------------------------------------------------
「宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽」というタイトルだが、そんな大げさな話ではない。中古盤屋でたまたま入手したCD、英ACEレーベル(アメリカにもACEというレーベルがあったので、区別のため頭に「英」をつけるのが一般的)の『Greatest Hits From Outer Space』というオムニバス盤がちょっと面白かったので、それについて書こうと思っただけなのだ。

Space_cd_img01_3Space_cd_img02_3

しかし、考えているうちにだんだん構想が膨らんできて、変に音ネタから外れそうになったので、適当なところで書くことにした。
それにしても、「宇宙時代」とは具体的にどの時代を指すのか?くらいは定義しておきたいところであるが、それをやりだすと、それだけで1記事できてしまいそうなので、独断と偏見で、「宇宙というものが絵空事でなく、現実のものになった時代」としておく。
  1. ”プレ”宇宙時代
    「宇宙」というものに対する、天文学者などではない一般庶民の認識はかなり前からあった。例えば、1920年代のアメリカでは、パルプ・マガジンと呼ばれる三流雑誌が粗製濫造されており、その中には、SF小説も多く掲載されていた。いわゆる「スペース・オペラ黄金期である。そこには、宇宙を疾駆する銀色のロケットシップ、なぜかビキニ同様の露出度の高い宇宙服を着たヒロイン、それに襲いかかるベム(Bug Eyed Monsterの略)、などのイラストが掲載され、ビジュアル面で、「宇宙」というものの認識を庶民に流布していたのである。とは言っても、それはあくまで小説という、「絵空事」に過ぎなかった。

  2. 「宇宙」からの恐怖
    1938年、それまで「絵空事」だった「宇宙」が、現実の恐怖(をもたらすもの)となる出来事が起こる。H.G.ウェルズ原作の『宇宙戦争』がオーソン・ウェルズの制作によって放送されたのだが、そこでは普通のラジオドラマではなく、あたかも本当の臨時ニュースが番組中に流れるような形を取った。それを聴いた聴衆の一部が、本当に火星人が襲来してきたものと思い込み、パニックに陥ったのだ。このあたりの経緯はこのサイトの記事に詳しく載っている。

  3. スプートニク・ショック!
    1957年、世界に、特にアメリカに衝撃が走った。ソ連が人類初の人工衛星、スプートニクの打ち上げに成功したのだ。それまでアメリカの技術力は世界一、と認識してきたアメリカにとって、これは恐るべき事実であった。人類が、自ら作ったものを宇宙に放ったのである。これをもって、宇宙時代の嚆矢としても妥当だと思われる。

  4. 宇宙時代の到来
    スプートニクの打ち上げ以降も、宇宙時代に関連する出来事が起こるが、いちいち1項目にするのも面倒臭いので、箇条書きにして羅列してみる。
    • 1959年公開の東宝特撮映画『宇宙大戦争』には、登場人物による、「今や、我々人類は、はっきりと、宇宙時代に突入したことを、認めざるを得ません」という台詞がある(ちなみに劇中の設定年は1965年)。

    • 1961年、ソ連が、世界初の有人宇宙飛行を成功させる。宇宙飛行士、ユーリ・ガガーリンの「地球は青かった」という言葉はあまりにも有名(実際には、微妙に意味の違う言葉だったらしいが)。

    • 1962年、ソ連に遅れること1年、アメリカも有人宇宙飛行を成功させる。宇宙飛行士はジョン・グレン。

    • アメリカで1966年に放映が開始されたTVドラマ(日本での放映は1969年)『宇宙大作戦/Star Trek』のオープニングナレーションは、「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。」という言葉で始まる(日本語版では若山弦蔵氏が担当)。

    • 1968年、スタンリー・キューブリック監督による映画、『2001年宇宙の旅』が公開される。

    • 1969年、アメリカが世界初の月面着陸を成功。初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長による、「これは一人の人間には小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」という言葉はあまりにも有名。

    という感じで、羅列してきたが、これを見る限り、1950年代末から1960年代末あたりが、宇宙時代と言っても良いように思える。

思ったより、長くなってしまった。肝心の音楽の話に入れなかったが、それはまた次回ということで。
                                                  つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.26

今日の遭遇猫(2015/10/26)

今日の遭遇猫(2015/10/26)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.15

今日の遭遇猫(2015/10/15)

今日の遭遇猫(2015/10/15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.09

◆音楽四方山話◆ 第7回 今は亡きレコード店の思ひ出 その2 ビッグピンクなんば店

ということで、1ヶ月以上間が空いてしまいましたが、なんとか更新再開します。今回は「今は亡きレコード店の思ひ出」その2です。
----------------------------------------------------------
南海電鉄なんば駅の高架下を、少し南に下ったところに、ビッグピンクなんば店はあった。確か、隣が美容室で、店に入るには美容室を通り抜けていかなければならない、という変な構造になっていたと思う。
この店を覚えている人は、店自体を覚えているというより、店長を覚えているという人が多いのではないか?名物店長…と言えば聞こえがいいが、どちらかというとネガティヴな方で有名だった。
当時、店内はまだCDよりもアナログ盤が多かった。そのアナログ盤は、いわゆるエサ箱と言われる段ボール箱に入れられているのだが、盤を漁る時に、一番効率のいいのは、アナログ盤を持ち上げて、ジャケットを確認し、要らなければストンと下に落とすというものだったが、コレをやると、アナログ盤の底の部分が痛むと言って、店長に怒られるのである。それはもう執拗なぐらい、ストンという音に反応して文句を言いに来る。
私は、当時(今もだが)アナログ盤の再生環境を持っていなかったので、アナログ盤を漁ることもなく、文句を言われたこともないが、当時は、音楽好きの友達が集まると、決まってビッグピンクなんば店の店長の話題が出たものだ。
もう一つ、嫌なところは、これは私も散々嫌な目にあったが、バイトの子にぶつぶつ執拗に怒るというか、説教たれるのである。
それを聞かされる未関係の客の方は、堪ったものではない。そういうことは、客の目の届かないところでやれよ、と何度思ったことか。
まあ、ネガティヴな話はその辺にして、中古盤屋として見た時には、割合値段も安かったし、特にプログレ関係の盤が多くて重宝した。でも、買ったもので覚えているのは、当時集め始めたツェッペリンのブ○トである。ブ○トでも、価値のあるものは、別箱に入れられて、それは手の届かない値段だったが、通常の棚に置いてあるものは、結構安価だった。
ここで、確か正体も判らずに、『Badge Holders Only』というブ○トを(有名な音源であるが当時はまだ知らなかった)、散々迷った挙句買った覚えがある。
ちなみにこのビッグピンクは一応?チェーン店らしく、梅田店、阿倍野店があった。梅田店は、会社帰りによく寄っていて、好きだったのだが、いつの間にかアダルト系のビデオが商品の大半を占めるようになり、行かなくなった。そして知らないうちに閉店していた。
阿倍野店は、だいぶん後になってから、数回行ったと思う。あまり印象に残っていない。
そして肝心のなんば店であるが、南海高架下から、なんばCITY北館の一番南の端に一度移転した。それと同時に、今まで持っていたオーラのようなもの(良きにしろ悪しきにしろ)がなくなって、普通の中古盤屋になってしまったような印象がある。結局、2005年か2006年頃に閉店してしまったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | November 2015 »