« ◆音楽四方山話◆ 第11回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 2 | Main | ◆音楽四方山話◆ 第13回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 4 »

2016.01.25

◆音楽四方山話◆ 第12回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 3

さて、引き続きPart 3です。今回は何曲取り上げられるかなあ。
----------------------------------------------------------

  1. Maid Of The Moon/Dick Hyman & Mary Mayo
    ディック・ハイマンも、メアリー・メイヨも全く聞いたことがない人だったが、調べてみると、2人ともジャズ畑の人らしい。でも、今日ではジャズ方面ではほぼ忘れられ、この曲を収録した『Moon Gas』という1963年発表のアルバムで、モンド/ラウンジ・ミュージックの人として、評価されているようである。
    まだモーグもない時代なので、いわゆる電子音楽とはちょっと言いがたいが、テルミンやその他の効果音をうまく使って、宇宙っぽさを出している。メアリー嬢のヴォーカルは、スキャットのみ。

  2. Two Little Men In A Flying Saucer/Ella Fitzgerald with Sy Oliver & His Orchestra
    ジャズ・ヴォーカルの大御所、エラ・フィッツジェラルドの曲。
    この曲について、調べていて初めて知ったが、「Five (または Three) llittle Men In A Flying Saucer」という子供の遊び歌があるらしい。「10人のインディアン」と同じように、1回繰り返す度に、人数が一人ずつ減っていくというものだ。エラのこの曲は、おそらくこの遊び歌を元にして作られた、と思われる。Aメロのあたりが、遊び歌と歌詞もメロディーも似通っている。まあ、逆の場合も考えられないではないが…。
    ちなみにバックを努める、サイ・オリヴァーはトランペット奏者で、当時のジャズ畑で活躍した人。ペギー・リー等のバックも努めている。

    参考までに、「five Little Men In A Flying Saucer」の動画も貼っておく。

  3. Rockin' In The Orbit [Space Satellite]/Jimmy Haskell & His Orchestra
    ジミー・ハスケルは、1960年代から、編曲者として、また映画音楽の作曲家として、活躍した人。この曲は、1957年にImperialから発表されたもので、ロカビリー調のインスト曲。
    ちなみにこの曲の収録されている、『Count Dowm』というアルバムは、全曲宇宙関係で、収録曲リストをあげてみると、
      A1 Count-Down
      A2 Blast Off
      A3 Weightless Blues
      A4 Rockin' In The Orbit
      A5 Starlight
      A6 Hydrazine
      A7 Moon Mist
      B1 We Get Messages
      B2 Moonlight Cha Cha Cha
      B3 Astrosonic
      B4 Venus
      B5 Asteroid Hop
      B6 Homeward Earth
    てな具合である。ちなみに「Hydrazine」はロケットの燃料として使われる有毒の液体。

  4. Rocket Ship/Vernon Green & The Medallions
    ヴァーノン・グリーン&ザ・メダリオンは、1960年代に活躍したドゥーワップグループ。この曲は1959年にDootoneよりシングルとして発表された。

  5. Telstar/The Tornados
    トルネイドースは、1960年代初頭に英国で活躍したインスト・グループ。結成は、名プロデューサー、ジョー・ミークにより、セッションマンを寄り集めることで行われた。
    1962年、テルスター衛星の打ち上げにヒントを得たミークは、この曲「テルスター」を作曲。UK、US両方でトップチャートを記録する爆発的ヒットとなった。
    当時のインスト曲には珍しく、オルガンがメインのサウンドであり、またクラヴィオリンという特殊な音を出す楽器も使われ、非常にスペイシーな曲となっている。まさしく宇宙時代の大ヒット曲であり、スペース・ロックというジャンルを開拓した曲でもあった。

  6. Happy Blues For John Glenn/Lighrnin' Hopkins
    ジョン・グレンは、言うまでもなくアメリカ人初の宇宙飛行士で、1962年地球周回に成功した。この曲は、それを記念?して、テキサス・ブルースの大御所、ライトニン・ホプキンスが作曲・発表したもの。しかし、曲はいつもの通りのライトニン節、である。

長くなったので、Part 3はここまで。次回に乞う期待。
                               続く

|

« ◆音楽四方山話◆ 第11回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 2 | Main | ◆音楽四方山話◆ 第13回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/63121692

Listed below are links to weblogs that reference ◆音楽四方山話◆ 第12回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 3:

« ◆音楽四方山話◆ 第11回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 2 | Main | ◆音楽四方山話◆ 第13回 宇宙時代(スペース・エイジ)の音楽 Part 4 »