自由浮遊社・流々浪々日記

無料ブログはココログ


  • 日本放置協会NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です

カテゴリー「聴いた音楽」の923件の記事

2019.04.15

4/15に聴いたCD

おなじみFantastic Voyageレーベルから出ている地方別ブルース3枚組のテキサス編の1枚目を聴いてみたが...。な、なんじゃこりゃあ!全20曲20アーティストとの中で、聴いたことある人はせいぜい3,4人。後は「誰...?」の世界。
Fantastic Voyageレーベルをなめてました。ということでかなりのマニア向け盤です。
Img_1263
Img_1264

おなじみReal Gone Jazzレーベルの、マイルス・デイヴィス10枚組箱その2、の1枚目。アルバムとしては『Blue Period』(1951)と『Collcters Items』のカップリングだが、前者は3曲19分しかない。いわゆる10インチ盤という奴か...。
画像は1個目が外箱表、2,3個目は10枚中1枚目のペーパースリーヴ表裏。
Img_1265
Img_1266
Img_1267

2019.04.14

4/14に聴いたCD

ビッグ・バンド・ジャズの10枚組コンピ盤の6枚目(ようやく半分を切った!)
Img_1255
Img_1256

アート・ブレイクキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーの2枚組ライヴ盤。2枚組と言っても、2枚合わせて79分だからギリギリCD1枚に収まらなかったというところ。
Img_1257
Img_1258

スコット・ロスのアントニオ・ソレール鍵盤楽曲集。
Img_1259
Img_1260

トレヴァー・ジョーンズによる映画『ダーク・クリスタル』のO.S.T,2枚組完全版。もっとも2枚目はLDから落とした、という噂だが...。5000枚限定シリアルNo.入!
Img_1261
Img_1262

4/13に聴いたCD

5枚組100曲を収録した「100 Hits〜」というシリーズの「Northern Soul」版。正直ノーザン・ソウルがどういうものかも判らず聴いてみたけど、結構面白かった。
Img_1253
Img_1254

2019.04.12

4/12に聴いたCD

B.B. キングが大ヒットさせた「The Thrill Is Gone」のオリジネイタ、ロイ・ホーキンスのおなじみ英Ace盤第2段。「The Thrill Is Gone」も、別テイクが収録されている。その他、6曲の未発表曲を含む全24曲収録。いつものことながら、英Ace、ええ仕事しよります。
Img_1250
Img_1251

2019.04.10

4/10に聴いたCD

ルイ・アームストロング10枚組箱の最後の2枚を一気に聴いて完了!
Img_1238
Img_1239
Img_1240
Img_1241

1960年代、女性ヴォーカル物3枚組コンピ盤の2枚目。ミュージシャンだけでなく、女優として活躍した人の曲なども収録しており、かなり幅広い選曲。
Img_1243
Img_1244

1970年代のソウルヒット曲の3枚組コンピ盤の2枚目を。
Img_1247
Img_1248

4/8に聴いたCD

クリフトン・シェニエのArhoolie録音盤。真面目にザディコしてて良いです。
Img_1233
Img_1234

2019.04.09

4/7に聴いたCD

ブレンダ・リーのおなじみReal Gone Musicからの4枚組の最後の1枚を聴いて完了!今回もポップスのスタンダードに名唱多し。できればVol.2も出して欲しいところ。
Img_1231
Img_1232

2019.04.07

4/7に聴いたCD

「Queen Of Gospel」マヘリア・ジャクソンのおなじみMembran10枚組箱、9,10枚目を聴いて完了!
Img_1224
Img_1225
Img_1226
Img_1228

2019.04.06

4/6に聴いたCD

Fantastic Voyageの1950年代女性ヴォーカルもの集3枚組の1枚目。なんかしらんがごっつう来る曲多いで。Img_1214
Img_1215

クリフトン・シェニエのSpecialty録音集20曲。なんか荒っぽいというか、ワイルドだなあ。
Img_1216Img_1217

とりあえずCDシングルをかたづけてしまえ、ということで、
まずジ・オーブの『Asylum』本来は2枚セットの奴の2枚目だけ、1枚目は未だ捜索中orz
Img_1220
Img_1221

同じくCDシングル。コーナーショップの初期?シングル。音はコーナーショップそのものですが、ちょっとマサラ臭きつめか?
Img_1222
Img_1223

4/5に聴いたCD

サラ・ブライトマンのデビュー作。今日に至るようなライトクラシック(ある面ではヘヴィ?)ではなく、英国古歌謡、民謡を、ベンジャミン・ブリトンが編曲した19曲を歌ったもの。正直地味。まあ癒し効果はあるかもしれん。
Img_1212
Img_1213

より以前の記事一覧